隠れアトピーとは

はじめまして!
わたしは「隠れアトピー」を患っているアラサーの女です。

「隠れアトピー」とは、普段は洋服で隠れていて見えない部分にアトピーを患っている方を指します。

隠れアトピーの場所
隠れアトピーの場所

たとえば肘の内側、膝の裏側、胸、お腹、背中、太もも、お尻など。

隠れアトピー
洋服を着ればわからない。

洋服で隠れてしまうところなので、周囲に気づかれないように溶け込んでいる方も多いと思います。

わたしもその一人です。

わたしはもうアラサーなので、色々考えないようになりましたが、

10代、20代の頃は本当に苦しかったです。



隠れアトピーの苦しさ

隠れアトピーの苦しさは、周囲の人に気付かれていないことです。

「どうして暑いのに長袖なの?」

「どうしてプールや海に出かけないの?」

「どうしてスカート履かないの?」

私は繰り返されるこの周囲からの質問に、いつもヘラヘラ笑ってやり過ごしていました。

心の中では

「半袖着たいに決まってるだろ」

「私だって海に行きたい。」

「スカートをひらひらさせてみたい。」

ずーっと思っていました。

じゃあ周囲にアトピーだとカミングアウトすればいいじゃないか。

そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。

以前、こんなことがありました。

袖から少し見えた私のアトピーを見かけたある友人が

「えっ!×××(私の名前)、アトピーなの?」と眉をしかめ、後ずさりをしたのです。

私は仕方なくできる限りの笑顔で

「あっ、そうなんだよね。ちょっとアトピーあるんだよね。でも人に移ったりもしないし、大丈夫だよ。」

と言いました。

周囲には5、6人の友人たちがいましたが、みんな言葉を失くし

ただ私を上から下までジロジロと見ていました。珍しいものを見るように。

アトピーを服で隠していた時には何事もなく仲の良い友達だったのに

アトピーとわかった途端、一線を引かれてしまったんだなと感じました。

この経験から、私はできるだけ周囲に溶け込み

健常者と変わりのないように見える「隠れアトピー」として過ごすようになりました。

仕事にも影響するアトピー

悲しいことですが、アトピーを患うと飲食店では働きにくいと一般的に言われています。

わたしも学生時代、某飲食店にアルバイトを申し込んだのですが

契約時に渡された書類に

  • アトピーなど皮膚疾患を患っている方は飲食店以外の職業を選びましょう。

と平然と書かれていたのに、すごくショックを受けました。

衛生面(手のひらに薬を塗っている方もいるので)などで、仕方のないことなのかもしれませんが、書き方にも腹がたちますし、好きでよく通っていた飲食店なので余計悲しかったです。

でも、私は面接に受かりました

隠れアトピーとして応募したからです。契約書類のアトピーの記述には納得はしていませんでしたが、長袖・ズボンを履いていれば健常者と変わりはないですし、家からの距離など都合がよい条件だったので働くことにしました。

働いている周りの方をはじめ、お客様にも一度もアトピーと気付かれることはありませんでした。

半袖で面接を受けていたらきっと、落ちていたでしょうね。

カミングアウトすればマイナススタート、隠れアトピーなら健常者とスタートラインは同じ

中学、高校、大学と多感な時期に

アトピーは隠せばいいんだと経験的に学んだ私は、

敢えて周囲にカミングアウトするということはしなくなりました。

今でもそうです。

しかし、ときどきとても苦しくなることがあるのです。

自分の悩みをわかってもらえない苦しみです。

もしアトピーに悩まれている方々に相談したら、

「隠せるだけマシじゃないか」「全身アトピーの人がどれほど辛いか」とおっしゃられると思います。

本当にその通りです。全身アトピーの方は私なんかより本当に苦しい思いを日々されていて、戦っています。

わたしも、少なからず30数年アトピーを患っておりその辛さをすこしは理解できているつもりですし、全身に広がったら…という恐怖もあります。

私なんてまだマシ…

そういう思いがあるので声を大にして「辛い」とも言えない。

でも私ように周囲の人に気付かれず、

上部の笑顔を浮かべて、本当の思いを言えず、

隠れアトピーで悩んでいる方がどこかにいらっしゃるんじゃないか。

学校で、職場で、なんで私はアトピーなんだろうって

誰にも言えず悩んでいる方がいるんじゃないか。

そう思ってこのブログを立ち上げました。

すこしでも共感し合えたり、このブログの中だけでも思い思いのことが話せたら、私は嬉しいです。

これから少しずつ、隠れアトピーとして生きてきた私のことを綴っていきたいと思います。